SASAmemo 韓国で活躍する元ザスパ戦士たち

どもども、笹川です。

2022シーズンのザスパも始動しました。いろいろ取材して、新シーズンへの期待をお届けしたい所なのですが、、、まだまだ、新型コロナウイルスの影響などもあり、取材日が限定されている状況です。スミマセン。この後、近々に取材日も設定されているので、また様子などお届けさせてください。

そんなこんなで、ネットでサッカー情報の収集していたらこんな記事が。

ザスパで、19年途中から20年までプレーした、磐瀬剛選手が、韓国・Kリーグで奮闘している様子を伝えた記事です。サポーターの皆さんも、もうご覧になりましたか?

他にも、韓国籍選手含め、韓国で活躍している元ザスパ選手がいるようなので、ちょっと調べてみました。

◇磐瀬剛(安山グリナース)ハングル表記「이와세(いわせ)」
 ザスパ在籍(19年途中~20年)J2 5/0、J3 14/0

Kリーグ公式サイト 磐瀬選手記録

まずは、その磐瀬選手。20年をもってザスパを契約満了になり、新天地に選んだのが韓国・Kリーグ2部の安山グリナーズでした。記事にもありますし、この後にも紹介しますが、こちらも元ザスパで、磐瀬選手とは、市立船橋、京都サンガでチームメイトでもあり、先に韓国で活躍していた石田雅俊選手の後押しもあり、移籍を決断したそうです。

Kリーグ初挑戦の2021年は、26試合1得点1アシスト。現地の記事などを見ると、豊富な運動量が高く評価されている様です。また、そうした中で、チームの勝利に貢献できている事にも喜びを感じている様で、更なるチャレンジに意欲十分の様です。

ザスパ時代も、ボールを狩る部分で存在感を示してくれた磐瀬選手。初年度を超える、更なる活躍を見せてもらいたいですね!

◇石田雅俊(大田ハナシチズン)ハングル表記「마사(まさ)」
ザスパ在籍(17年、京都から期限付き移籍)J2 26/0

Kリーグ公式サイト 石田選手記録

そんな磐瀬選手より先に韓国に渡り、活躍を続けているのが、2017年に京都から期限付き移籍でザスパで1シーズンプレーした石田雅俊選手です。ザスパを1年で離れ、翌年は、J3沼津に期限付き移籍し、プレーするも、そのシーズンをもって契約満了。そして、2019年に韓国・安山グリナ―スに加入し、Kリーガーとしての歩みをスタートさせます。

19年はKリーグ2の安山で24試合9得点1アシストと活躍、20年は同じKリーグ2の水原FCに移籍し、27試合10得点4アシストと結果を出し、21年は1部にあたるKリーグ1の江原FCに移籍しました。ただ、ここでは9試合無得点となかなか思うような活躍ができず、シーズン途中に、再びKリーグ2の大田ハナシチズンに移籍します。ケガなどもあったようですが、復帰後は、15試合9得点1アシストと大活躍、プロとして初のハットトリックもあり、チームのプレーオフ進出に大きく貢献しました。また、Kリーグ2のベストイレブンにも選ばれたそうです。

韓国に渡ってからの活躍ですっかり人気者になったようで、Kリーグの公式YouTubeチャンネルでも活躍が紹介されています。プレーもそうですが、韓国語でのインタビューにも対応していて、素晴らしいですね!

自身のInstagramでは、2022年の決意表明も。新シーズンも、大田でプレーすることになります。

 

ザスパとは1年だけの関係でしたが、それでも大切な仲間に変わりありませんし、磐瀬選手もそうですが、現代ザスパにおいて市立船橋出身者は、特別な感情が湧きます!!(私だけ?)2人の活躍がさらに日本に、ザスパに届く事を期待しましょう!

さて、過去には、ザスパでプレーした韓国籍選手も数多くいます。そんな選手たちの中にも、まだまだKリーグでがんばっている選手がいます。

◇クォン・ハンジン(今季より、大田ハナシチズンに移籍)ハングル表記「권한진(くぉん・はんじん)」
 ザスパ在籍(13年途中~14年、柏からの期限付き移籍)J2 55/1

Kリーグ公式サイト クォン・ハンジン選手記録

現在、J2水戸の監督、秋葉忠宏監督がザスパ時代に率いていた時にDFの中心選手として活躍したハンジン選手。懐かしいですね!韓国の大学を卒業後、柏に加入、ザスパには1年半の在籍でしたが頼もしい存在でした。ザスパを離れた後は、15年に熊本へ、そして、翌年、Kリーグの済州ユナイテッドに移籍していきました。

ザスパや、過去在籍したクラブでの活躍のイメージがないと、2017年のACLで浦和との試合後に、当時、浦和の槙野選手を追い回してしまった選手というイメージが強いかもしれませんが、Jでも、Kでも活躍している選手です。済州では、6シーズンプレー(内、20年はKリーグ2)、そして、今シーズンは、石田選手がプレーする大田ハナシチズンに移籍してのプレーになります。

もちろん、石田選手とハンジン選手は一緒にプレーしていませんが、韓国でザスパトークして、仲良くなってくれたらなんだか嬉しいなぁと思ったりします。

◇ぺ・スンジン選手(慶南FC)ハングル表記「배승진 」
ザスパ在籍(08年横浜FCより期限付き移籍)J2 19/0

Kリーグ公式サイト ぺスンジン選手記録

ザスパがJに上がって、間もないころを支えてくれた韓国籍選手のひとり、スンジン選手。私もプレーが好きだった思い出深い選手です。スンジン選手は、大学在学中(だったような?)の07年に横浜FCに加入、そして、08年に期限付き移籍でザスパにやって来ました。20歳そこそこで、どことなくあどけない感じの表情とは裏腹に、プレーは、ハードにコンタクトする選手で、いかにも韓国人らしい、フィジカルで勝負できる所が魅力でした。また、当時は、元韓国代表のチェ・ソンヨン選手も在籍していて、兄弟のような関係性も印象的でした。

ザスパを離れてからは、徳島で3年、横浜FCで2年プレーし、韓国へ。14年から17年まで韓国・Kリーグでプレーし、18年に一度、横浜FCに復帰しますが、翌、19年からは、現在所属するKリーグの慶南FCでプレーしています。

これは2016年ですが得点シーンがあったので。

これは今シーズンのインタビュー。ザスパの時代から14年が経ち、現在、34歳。顔つきも、声も、当時とは違い、プレー同様の頼もしさがあります。

そして、今シーズンは、副キャプテンを務めるようです。スンジン選手は、チーム最年長選手だそうで、契約更新時には、「まだ、心と体は若いけれど、チーム最年長として、チームに貢献する。1日1日が最後という思いでプレーする。チームが1部昇格できるようにしたい。」と意気込みを語っています。期待しましょう!

ザスパ在籍経験がある4選手は、いずれもKリーグ2に所属しているので、皆、Kリーグ1昇格を目指した戦いという事になります。いずれもチームの中心選手として期待されていますから、現地でも注目される存在になりそうですね。

なかなか、日本から試合を見たり、情報を掴むのは大変ですが、ぜひ、ザスパサポの皆さんも気にかけてみてください。コロナがなければ、現地で観戦したいなぁ~

Follow me!