SASAmemo 無傷の開幕9連勝!レギュラーラウンドは後半戦へ-群馬銀行グリーンウイングス

フルセットの激戦を制した群馬銀行グリーンウイングスが、開幕から負けなしの9連勝でレギュラーラウンドの半分を終了。苦しい中でも、チームとしての底力を見せ、また、ルーキーや内定選手など新たな力も台頭したゲームになりました。

ホームゲーム2連戦の初戦を取り、首位に浮上したグリーンウイングス。この日は6位のブレス浜松を迎えてのゲーム。前日のゲーム同様、第1、第2セットを連取するも、サーブが良く、ディフェンスも粘り強いブレス浜松を相手に、いつもよりもレセプションが安定せず、アタッカー陣の決定率も上がらない展開に。すると、第3セットにはカルラ・クラリッチにサーブが集められ、思うような攻撃が組み立てられずブレスにペースを握られる苦しい展開に。グリーンウイングスも、全員がボールに食らいつき、アタックがはね返されても、何度も、諦めず攻撃を繰り返すものの、届かず、第3セットを落とすと、第4セットも、失った流れを呼び戻せず、セットカウント2-2で試合はフルセットへ。最終セットも、最終盤まで一進一退の攻防になるものの、最後は、12-12の局面からエースの田中瑠奈が怒涛の3連続ポイントで苦しいゲームをものにしました。

前日同様、サーブ力のある選手が出てきた時に、連続失点や流れを失うことが多いように感じました。連続失点をしない、最少失点で切り抜けるための対応力が求められます。また、きょうは、攻撃力のあるミドル陣も、やや封じ込められてしまった印象なので、レセプションからセッターへのパスの精度、そして、ミドルの使い方と、より良いものになることを期待しましょう。

そして、この日もそうですが、明るい材料となったのがルーキーや内定選手など、新たな力の台頭です。

リリーフサーバーでは、この日が19歳の誕生日となった小林知加がサービスエースを決め、流れを呼び込み、インカレ準優勝メンバーで、日体大の内定選手、菊地実結も、リリーフサーバーだけでなく、終盤のセットではスタートメンバーで出場し、ブロック、そして、力強い移動攻撃でチームを支えてくれました。他の選手も含め、今後が楽しみですね!

19歳の誕生日にチームの勝利に貢献した小林知加選手!物怖じせず、鋭いサーブでチームに貢献する魅力的な選手ですね!更なる活躍に期待です!それにしても、若い、、、笑

◇主なスコア

【得点】
田中瑠奈 29点(アタック26点(決定率40.6%)、サーブ3点)
カルラ・クラリッチ 20点(アタック19点(決定率33.3%)、サーブ1点)
伊藤寿奈 9点(アタック6点(決定率26.1%)、ブロック2点、サーブ1点)

【サーブ効果率】
田中瑠奈 19.7%
カルラ・クラリッチ 7.1%
新井祥 6.0%
菊地実結 16.7%(9本、得点1、効果2)
小林知加 33.3%(3本、得点1)

【サーブレシーブ成功率】
新井祥 63.2%(38本)
クラリッチ・カルラ 44.1%(34本)
吉岡みなみ 59.1%(11本)
栗栖留生 50.0%(4本)
中田唯香 70.0%(5本)

10チームが2回戦総当たりでレギュラーラウンドを戦う今シーズンのV2女子。グリーンウイングスは、開幕から負けなしの9連勝でレギュラーラウンドの半分の試合数を終えました。スケジュールの関係で、まだ対戦していないチームもありますし、レギュラーラウンドの後には、上位4チームによるファイナルラウンドもあります。ライバルチームも、シーズン終盤に向け、さらに上げてくるでしょうし、打倒・グリーンウイングスでマークも厳しくなるでしょうから、グリーンウイングスとしても、さらに一段、二段、レベルアップしていかなければいけません。それでも、全勝しているのは力のある証。強さを自信に、ますます突き進んでもらいましょう!

次回、ホームゲームは、2/5、6の2日間、今回と同じく、前橋市のヤマト市民体育館前橋で行われます。私も、応援MCでお手伝いさせていただく予定になっていますので、チーム、選手とともに、応援を通じて勝利を掴みましょう!今回のホームゲーム、2日間、ありがとうございました!

Follow me!