SASAmemo 移籍動向あれこれ-27日編

年末になり、ようやく新チームに向けた動きが出てきたザスパ。27日のきょうは、ショッキングな契約満了と、楽しみな2選手の加入発表がありましたね。

まずは、今季、キャプテンを務めてくれた大前元紀選手、そして、ザスパで3シーズンプレーしてくれた青木翔大選手のふたりが、他クラブへ完全移籍するという発表がありました。大前選手は、これまでの放送に合った通りJ1京都へ、青木選手はJ2秋田へ移籍です。

大前選手は、ザスパで2シーズンプレー。抜群のサッカーセンスと技術を武器に、2シーズンフル回転してくれました。Twitterでも書きましたが、「ザスパでサッカーの楽しさを再認識できた」と常々話してくれたのが印象に残っています。次なる舞台は、2017年以来となるJ1です。チームは変わりますが、大前選手のプレーで多くのファンを魅了してもらいたいですね。

そして、青木選手は、J3時代の2019年からザスパでプレー。J2復帰、そして、大きなけがも乗り越えて、J2での2シーズンも頼もしいプレーをたくさん届けてくれました。献身的なプレーは、まさにザスパの歴代エースストライカーと同じく、このチームに良く似合う存在でした。故に、まだまだともに戦いたかったですが、常にチャレンジし続けてきた青木選手らしく、新天地でも活躍を期待しましょう。

大前選手、青木選手ともに、ここ最近のザスパの攻撃において欠かせない、顔と言える存在だけに、大きなショックを受けているのは私だけではないと思います。

一方で、2人の若手FWの加入発表もありました。

J1セレッソ大阪から山根永遠(やまね・とわ)選手、そして、J2水戸から深堀隼平(ふかほり・しゅんぺい)が完全移籍で加入することになりました。

山根選手は、広島県出身の22歳。J1広島の下部組織で育ち、様々な大会で得点王になるなどストライカーとして活躍してきました。2017年にJ1セレッソ大阪に加入、19年途中までJ3を戦うU-23でプレーし、その夏からJ2金沢へ育成型期限付き移籍をし、今季は、J2水戸へ期限付き移籍でプレーしていました。

ザスパからの紹介では

【プレースタイル】

背後への抜け出しを得意とするドリブラー。運動量も豊富で守備も厭わない献身性を兼ね備える。

との事。これまでCFや左SHでプレーしてきており、ザスパではどのような起用になるか楽しみですね。

ちなみに、山根選手には、6月の北関東ダービーでやられていますw

いろいろ動画を見ていると性格も明るそうだし、エネルギッシュな存在として、これからは頼もしい仲間になってくれそうですね!期待しましょう。

ちなみに、お父さんは、J3富山でコーチをしている山根巌さん、お父さんも、Jリーガーとして、広島、大分、川崎、柏などでプレーしてきた選手です。

そして、深堀選手は愛知県出身の23歳。J1名古屋の下部組織出身で、17年にトップ昇格を果たしました。19年には半年間、ポルトガルでプレー、20年にはJ2水戸に期限付き移籍し、シーズン後に、水戸に完全移籍。今季は、夏からJ3岐阜に育成型期限付き移籍していました。

ザスパからの紹介では

【プレースタイル】

スピードに乗ったドリブルでゴールへの推進力を出せるアタッカー。攻撃的なポジションであればどこでもプレー可能なユーティリティー性も持ち合わせる。

との事。岐阜ではスタメン出場が主でしたが、水戸では途中出場の機会も多く、レギュラーとしてはもちろんですが、流れを変えるような役割も期待したいですね。

ハイライトなのでちょい長ですが、深堀選手のドリブルや得点シーンも入っています。グイグイ行ってますねぇ~

きょうのリリースだけで、軽々に判断はできませんが、経験豊かな大前選手、青木選手が離れ、大卒ルーキーと同じくらいの年齢にあたる若い山根選手、深堀選手の2人が加わりました。もちろん、山根、深堀、両選手ともに、Jでの戦いも数多く経験していますのでルーキーとは違いますが、得点力に悩むザスパの前線に若さというエッセンスが加わり、どんな変化が生まれるか楽しみです。後は、スピード、ドリブルと言った、縦方向、個での突破力、そして、献身性という共通項があるふたりが加わり、大槻新監督の目指す攻撃の形、前線に求めるプレースタイルもそうしたところにあるのかなと感じたりします。

いずれにせよ、ここからは契約関係がラッシュになるでしょうから、注意深くチェックしていきたいですね!

Follow me!