SASAmemo 2022シーズン 開幕戦は山形と対戦!

Jリーグは、きょう(24日)、2022シーズンのJ1、J2、J3の開幕カードを発表し、ザスパクサツ群馬は、ホームで、今シーズン7位のモンテディオ山形を迎えての開幕戦となりました。

山形と開幕戦で対戦するのは、ザスパJ参入イヤーとなった05年に次いで2度目。05年は、正田醤油スタジアム群馬のお隣にある、県営サッカーラグビー場で行われ、0-3で完敗となり、Jリーグの洗礼を受けることになりました。

今シーズンは、ザスパの2戦2敗、直近は3連敗。最後に山形に勝利したのは、2020年7月15日水曜の J2第5節で行われたアウェイゲームに、3-2で勝利しています。通算成績は、ザスパの5勝10分14敗です。

今シーズンの山形は、シーズン序盤こそ下位に低迷したものの、4月に就任したクラモフスキー監督の元、チームの立て直しに成功し、リーグ7位でシーズンを終えています。

新シーズンに向け、クラモフスキー監督の続投を早々に決め、今季、J1横浜FMから期限付き移籍ながら、フル出場で、チーム2位の8得点を記録した山田康太を完全移籍で獲得することに成功するなど、着々と準備を進めています。より、手ごわい相手となりそうです。

一方、ザスパも、大槻毅新監督が発表され、選手契約もようやく発表され始めています。きょうは、18年以来の復帰となる、風間宏希選手の復帰加入も発表に。風間選手も、17年に山形でプレー、古巣対決になりますね。

大槻監督が、どんな選手たちと、どのようなサッカーを目指し、新シーズンに、そして、まずは開幕戦の相手、山形に挑んでいくのか楽しみです。

開幕戦は、2月19日土曜、もしくは、20日日曜で、来年末に控えるサッカーW杯カタール大会の影響で、例年より開幕が早くなっています。年が明けて、始動して、開幕までは1か月ほど。限られた準備期間の過ごし方もいつも以上に大切になりそうです。

そして、ホームで3年連続で迎える開幕戦です。応援、雰囲気作りも含め、選手、チームだけでなく、県民、ファン、サポーターも、ホームの地の利を生かして全力で開幕戦のゴールと勝利を掴まなければなりません。

個人的にも、05年の開幕戦でFM GUNMAの中継に携わり、0-3で完敗し、悔しい思いをしています。当時、ザスパの監督だった手塚聡監督には大変お世話になりましたし、その時の借りを返したいと願ったりもしています。

個人的な思いはそれとしても、開幕ダッシュ、好スタートを切ることはザスパにとって、とても大事なのは言わずもがな。シーズンのひと試合であるとともに、大事な開幕戦にもなります。

今後のチーム編成の行方にも期待しつつ、開幕戦に向けて!新シーズンに向けて!気持ちを高めていきましょう!

Follow me!