SASAnote vol.32 最終節、勝利に向けてスタート

毎年の事ながらシーズンは長くて、短い。

今シーズンは、喜べた事よりも、苦しい事、悔しい事の方が多かったかもしれないが、それでも皆で力を合わせ駆け抜け、残り1試合というところまできた。

4チーム降格という厳しいシーズンに、ザスパも、最終盤まで残留争いに巻き込まれたが、それでもライバルよりもいくから優位な状況で最終節を迎えることになる。そんな最終節・大宮戦に向け、チームが動き出した。

週あたまの練習は、笑顔も溢れ、明るい雰囲気でスタートすることが多いが、シーズンラスト、そして、残留がかかる大一番へ向け、いつもより緊張感を強く持ち、集中力を高め練習に臨んでいるように感じました。重圧という事ではなく、やってやるぞという強い気持ちが出ていると言う方ですね。

今のザスパを支えているのは圧倒的な経験値。百戦錬磨の選手たちがチームを支えます。

新潟戦、磐田戦とスタメン出場し、大きな存在感を放ち、早くもチームを支える存在になった細貝萌選手

守備の要として奮闘する畑尾大翔選手は、今回も、古巣対決に闘志を燃やしてくれるでしょう!

強敵相手に2試合連続無失点の立役者・清水慶記選手。彼にとっても古巣対決です。

今やザスパに欠かせない青木翔大選手。勝利のために、体を張り、泥臭く、ザスパらしい彼のゴールが必要です。

チームのかじ取り役として存在感をみせる岩上祐三選手、週のあたまから、誰よりも大きな声で盛り上げます。

ザスパJ2復帰の立役者・渡辺広大選手、今度は、ザスパJ2残留のために大一番の強さを見せてくれるでしょう!

経験豊かな選手たちがチームを支え、ゲームを引き締め、周りの選手たちも、そんな姿に刺激を受け、練習から激しく競争し、試合出場を勝ち取った選手たちが、自らの良さを発揮して、ここまでやって来ました。

ケガや思い通りのプレーができず、苦しんだ時期もありましたが、シーズン終盤に復調。サイドで躍動を見せる平尾壮選手。

こちらもケガを乗り越え、シーズン終盤に復帰した加藤潤也選手。みんなが待っているのは「KJゴール」に他なりません。

前回対戦では、アディショナルタイムでゴールを決めた田中稔也選手。諦めない男は、最終節でもやってくれるはずです。

一方、大宮から期限付き移籍をしている関係で、最終節は出場できない吉永昇偉選手。チームのために、できる事を率先してやってくれています。素晴らしいですね。

ライバルに比べれば、自力で残留を決めることができ、その中でも最も優位な位置にいるザスパ。それでも、何も決まっていないことに対し、様々な思い、感情がよぎるのは自然な事だと思います。それでも、これまで同様、やるべきことをやる、全てを出し切る、これ以外、何もないと思います。それは、応援する私たちも同じことです。

奥野僚右前監督の思いを受け継ぎ、チームを立て直し、残留まであとわずかな所まで押し上げた久藤清一監督。シーズン最後の試合に、「勝利」そして、「J2残留」というミッションを成し遂げ、2021シーズンを締めくくってくれるでしょう。

選手、チームを支えられるのは、応援する私たちのみです。最後の最後まで、シーズンが終わるその瞬間まで、久藤ザスパとともに戦い抜きましょう!

Follow me!