SASAmemo シーズン最終盤のFIA F2も楽しもう!

2021シーズンのF1も残り2レース。マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)によるチャンピオン争いも大詰めを迎えようとしています。やはりシーズン最終盤までチャンピオン争いが続くのは楽しいですね。

そして、F1を目指すドライバーたちによるFIA F2も、9月下旬のロシア・ソチ以来、およそ2か月ぶりに再開。F1と同じスケジュールで、2ラウンド6レースが行われます。

F2は、1ラウンドで、予選のPP、FLポイントも含め、最大65ptが獲得できるため、チャンピオン争いも、まだまだどうなるかわかりません。数字上、チャンピオンの可能性を残しているのは9人。

※各レースのFLポイントを失念していました。1ラウンド最大65pt取得可能、チャンピオン可能性は9人でした。

1 オスカー・ピアストリ 178pt
2 チョウ・クァンユ 142pt
3 ロベルト・シュワルツマン 135pt
4 ダン・ティクタム 129pt
5 テオ・プルシェール 120pt
6 ユーリ・ヴィップス 102pt
7 ジェハン・ダルバラ 96pt
8 リアム・ローソン 80pt
9 フェリペ・ドゥルーゴヴィチ 59pt

ポイントリーダーは、アルピーヌ育成で、来季、F1アルピーヌチームのリザーブドライバーに決まったオスカー・ピアストリ。

 

そして、ランキング2位には、来季、F1アルファロメオのレギュラードライバーに決まったチョウ・クァンユが付けています。3シーズンドライブしたF2をついに卒業し、F1にステップアップする彼の走りには注目が集まりそうですね。

ロシア・ソチを終え、ピアストリが、2位以下に36pt差を付けている優位な状況ですが、ノーポイントレースが続くようになると、すぐに差が縮まり、逆転もあるかもしれません。チャンピオンの資格を持つドライバーたちの攻防が激しくなりそうです。

また、先にシーズンが終了したFIA F3からも複数のドライバーが参戦。

F3ランキング2位のジャック・ドゥーハンと、ランキング3位のクレモン・ノバラクが、MPモータースポーツから参戦、ランキング8位のオリー・コールドウェルがカンポスレーシングから参戦します。3人は、サウジアラビア、アブダビともに参戦、一方、ランキング7位のローガン・サージェントはHWAから。彼は、とりあえず、今回のサウジアラビアに参戦しますが、アブダビは未定の様です。

特に、2輪の伝説的ライダー、ミック・ドゥーハンを父に持つ、ジャック・ドゥーハンがどんな走りを見せるのか楽しみですね。

一方、シートを獲得するドライバーもいれば、失うドライバーもいるわけで、ドゥーハンにシートを譲ることになったリチャード・フェシュフォーは、SNSを通じ、資金不足が理由だったことを明かしています。シールバーストンのスプリントレースでは優勝し、ランキング10位と速さも示しましたが、速さだけでは戦えない世界なんだというのを改めて感じました。

他にも注目ドライバーという事で、来季、フォーミュラE参戦が決まった、ランキング4位のダン・ティクタム

インディ参戦が決まったクリスティアン・ルンガー

 

そして、日本人ドライバーで、トライデントからフル参戦の佐藤万璃音選手の活躍にも期待ですね!

シーズンのタイトル争いはもちろん、そして、これからのモータースポーツ界を引っ張る可能性がある才能豊かなドライバーたちの戦いに注目ですね。

Follow me!