SASAmemo 元日本代表・齋藤真由美新監督が就任!-群馬銀行グリーンウイングス 22-23シーズン新体制発表

Vリーグ・V2女子の群馬銀行グリーンウイングスは、23日、22-23シーズンの新体制を発表し、新監督に元日本代表のアタッカーとして活躍した齋藤真由美氏(51歳)が就任したと発表した。

提供:群馬銀行グリーンウイングス

齋藤新監督は、1987年にイトーヨーカ堂で日本リーグデビューを果たすと、1990年には日本リーグ優勝を果たし、自身も、最高殊勲賞とベスト6を受賞。1997年にはダイエーオレンジアタッカーズに移籍し、Vプレミアリーグ連覇を達成。1999年には東北パイオニアに移籍し、2000年に V1リーグ優勝を果たすなど、トップ選手として活躍。

また、日本代表でも、世界選手権やワールドカップなど、数々の国際大会で中心選手として活躍した。

齋藤新監督は、チームを通じ、「素晴らしいチームに受け入れていただき、心より感謝申し上げます。ご支援・ご声援をいただく地域の皆さまと共にV1リーグへの昇格に挑戦し、さらなる頂点を目指し、その責任と義務を果たせられるよう精進してまいります。」などと、コメントしている。

新監督就任のお知らせ チーム公式ページへ

悲願のV1昇格、そして、V2リーグ優勝奪還を目指すグリーンウイングスにとって、リーグ優勝の味を知る斎藤監督の経験、指導力に期待が集まる所だ。

また、新チームのキャプテンには、松尾奈津子選手、副キャプテンには栗栖留生選手が就くことも発表した。

2022年度新体制のお知らせ チーム公式ページへ

新キャプテンに就任した松尾奈津子選手。前チームでもキャプテンを務め、チームを全国大会優勝に導いた。

提供:群馬銀行グリーンウイングス

リベロとしてチームを支え、チームの盛り上げ役でもある栗栖留生選手が副キャプテン。

今後、SASAnoteでも、チームに機会をいただき、新監督、正副キャプテンのインタビューなどをお届けしていきたいと思います。新シーズンも本格的に動き始めた群馬銀行グリーンウイングスとともに、みんなで、リーグ優勝奪還、そして、悲願のV1昇格を掴みましょう!

Follow me!