SASAmemo 【音声インタビュー】天皇杯でプロデビュー!その2-ザスパクサツ群馬 山田晃士選手

6月1日に行われた天皇杯2回戦のモンテディオ山形戦では、リーグ戦からのターンオーバーをして、これまで出場機会のあまり多くなかった選手たちが多く出場しました。その中には、プロとして初の公式戦となった選手もいました。そのひとりが、大卒2年目のGK、山田晃士選手です。そんな山田選手に、天皇杯翌日の練習後に、デビューの感想、今後への思いなど聞きました!

 

真っすぐに、熱い思いをプレーで表現し、言葉で発する山田選手。これまでも、試合に出る、出ないにかかわらず、チームのため、仲間のため、そして、応援してくれるすべての人のためにできることを全力で取り組んできてくれましたが、ついにプロデビューを果たしました。試合では1失点こそありましたが、周囲の評価も高かったようです。ひとつしかないGKのポジションを掴むのは本当に大変なことですが、本人が言う、「伸びしろMAX!」の言葉通り、ここからのますますの成長に期待しましょう!

Follow me!