SASAmemo ザスパゆかりの皆様-ファジアーノ岡山編

ザスパの次なる対戦相手にいらっしゃるザスパゆかりの皆さんを紹介するこの企画。今回は、15日日曜にアウェイで対戦するファジアーノ岡山編です。

岡山といえば、ザスパのアカデミー出身でもあるMF 10 宮崎幾笑選手です。

ファジアーノ岡山 宮崎幾笑選手 紹介ページ

シーズン前にも、ホームグロウン制度の話題で紹介した宮崎選手。宮崎選手は、みなかみ町(旧月夜野町)出身で、ザスパのU-12、U-15でプレー。その後、新潟のU-18を経て、新潟、金沢、FC東京を経て、昨シーズンは、FC東京から岡山に期限付き移籍していました。そして、今シーズンは完全移籍に切り替えて、岡山2年目のシーズンを迎えています。今シーズンも、開幕からスタメンを勝ち取り、中心的存在としてプレーしていましたが、ここ最近は、コンディションの関係などで少し試合から離れていたようです。ただ、調子も上がってきたという情報もあるようですし、試合に出れば危険な選手であることは間違いないので、警戒しなければいけませんね。

いつか、宮崎選手のような、アカデミー出身の選手が、トップチームでプレーしてくれると嬉しいのですが、、、宮崎選手の獲得云々とは別に、ザスパにはそうした体制作りにも、ますます励んでもらいたいですね。

そして、岡山でコーチを務める梁 圭史(リャン・キュサ)コーチも、ザスパゆかりのひとり。

ファジアーノ岡山 スタッフ紹介ページ

ザスパクサツ群馬 2002年 選手紹介ページ(FW 33 梁 圭史 選手)

梁コーチは、ザスパ誕生の2002年、03年に選手として在籍し、ザスパ初期にFWとして、チームの勝利、発展に貢献した方です。初期からザスパを支えてきたサポーターの方にとっては懐かしいひとりですね!

かつて出版された「ザスパ草津メモリアルBOOK 2002-2004 完全保存版」(文真堂書店)によれば、2002年の夏から試合に出場し、県1部リーグ、および入れ替え戦では4試合5得点、天皇杯の代表を決める会長杯でも5試合4得点と活躍。関東2部リーグに昇格した03年も、リーグ戦は10試合9得点、会長杯決勝でもゴールを決め、当時のライバルだった群馬FCホリコシに勝利し、天皇杯の県代表に貢献しました。

ザスパを離れてからは、地元・岡山に戻り、2005年、06年と当時の中国リーグだった岡山で選手としてプレーし、引退後も、コーチとして、岡山のJ参入に大きく貢献するとともに、現在に至るまで、トップ、アカデミーなど、指導者として活躍しています。

私も、まだザスパ担当駆け出しの頃で、そんなに深くお話をさせていただくことはありませんでしたが、梁さんと共に過ごした方は、皆、人間性の素晴らしさを上げてくださるのが印象に残っています。監督が代われど、長く、岡山の指導者として携わっているのもうなずけますね。

明治安田生命J2リーグ 第16節 ファジアーノ岡山 vs ザスパクサツ群馬の試合は、15日日曜、14時から岡山市のシティライトスタジアムで行われます。

Follow me!