SASAmemo ザスパゆかりの皆様-ヴァンフォーレ甲府編

2002年に草津温泉で産声を上げたザスパ。気が付けば20年の歴史を歩んできました。この間、多くの仲間とともにゴールと勝利を目指して戦ってきましたが、プロスポーツの世界は一期一会。プロキャリアの始まりから引退まで、一緒に歩み続けることは稀なことです。でも、ザスパを離れても新たな場所で頑張る姿、活躍する姿を届けてくれるのはとてもうれしいものですね。リアルタイムで共に過ごした皆さんも、そうでない皆さんも、ザスパのために力を尽くしてくれたことには変わりありません。次なる対戦相手に、そんなザスパゆかりの選手、スタッフがいるならば試合の見方も変わるはず?そんな企画です。

ということで、今回は、4日の対戦相手、ヴァンフォーレ甲府のザスパゆかりの皆様です。

◇小泉勇人選手(2019年在籍)

ザスパがJ3にいた2シーズン目の2019年にJ2水戸から完全移籍で加入した小泉選手。この年は、大卒ルーキーの吉田舜選手が開幕からスタメンを奪取し、小泉選手はなかなか出場機会を得ることができませんでした。唯一の出場は、天皇杯出場をかけた、5/11の県会長杯決勝戦。立ち上がり早々にゴールを奪われる難しいゲームでしたが、その後は、味方と連携し、3-1逆転勝利に力を尽くしてくれました。7月にJ2甲府に期限付き移籍、シーズン後には、そのまま甲府に完全移籍となり、ザスパでの時間は限られたものでしたが、厳しいJ3時代を共に過ごしてくれた大切な仲間ですね。

今シーズンは、8節仙台戦からサブメンバー入り。スタメン奪取に向け奮闘中です。今節もメンバー入りして、元気な姿を見せてもらいたいですし、試合後には、小泉選手にもエールを届けましょう!

◇島根聡一さん(2005年ヘッドコーチ)

ザスパJ2参入初年度の2005年にヘッドコーチとしてザスパを支えたのが島根聡一さんです。現在、甲府アカデミーのU15監督を務めていらっしゃいます。

島根さんは、当時の手塚聡監督とともに、未知なるJリーグの戦いで奮闘してくれました。あの時のザスパは、草津温泉からJリーグを目指すというのが話題になり、チームも一気にJまで駆け上がりました。ただ、クラブ、チームとして、Jリーグでの経験値が乏しく、また、経営面、体制面、環境面と、様々なものが追いついておらず、内情は、とても大変だったと思います。1年だけでしたが、手塚さんや島根さんたちが、役割を引き受け、1年間戦ってくれなければ、今日につながっていなかったと思っています。

甲府では、2008年からアカデミー部門で指導に当たっていると伺っています。何かの縁で、島根さんの指導を受けた、甲府ユースの選手がザスパに来てくれたら、うれしいなぁと個人的に感じたりもしています。

ということで、不定期ネタになるかもしれませんが、対戦相手にいるザスパゆかりの選手も紹介して、懐かしんでもらえたり、新たなザスパを知るきっかけになってもらえたらなと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

Follow me!