SASAnote vol.57 企画インタビュー『NEXT THESPA-#37 伊藤元太 選手』

大槻毅新監督を迎え、チームスローガンに『Beyond THESPA』を掲げたサッカーJ2 ザスパクサツ群馬。選手、チームはもちろん、クラブも、ファン、サポーター、スポンサーなど、ザスパに関わる全ての人々が、これまでのザスパを超える戦いがスタートしました。

SASAnoteでは、これまでのザスパを超えるキーパーソンであり、これからのザスパを牽引する存在である「若手選手」(=NEXT THESPA)に注目し、彼らがどんな思いで今シーズンを戦い、今までの自分を超えようとしているのか、インタビューを通じてお届けします。

今回は、J1ヴィッセル神戸から期限付き移籍で加入した伊藤元太選手にお話を伺いました。

「フリーBGM・音楽素材MusMus https://musmus.main.jp」

愛媛・松山工業から高卒で神戸へ加入し、3年を経て、伊藤選手が、新たなチャレンジの場所として選んだのがザスパでした。新たな土地で、新たな学びを成長の糧とし、公式戦出場を目指す伊藤選手。GKでありながら足元の上手さ、そして、190センチと長身で、手足の長さも彼だけの武器です。そうしたものを存分に活かして、応援するファン、サポーターにとっても心強い存在になって欲しいですね。

また、インタビューを聞いていただいてもわかる通り、とにかく、明るく、楽しく、元気な伊藤選手。神戸時代から共通の知り合いを通じて天笠泰輝選手と仲良しだったそうですが、ザスパに来てからは渡辺広大選手、岩上祐三選手にも、その魅力をどんどん引き出してもらっているみたいですね。ピッチ上はもちろん、ピッチ外でも、サポーターに楽しい時間を届けてもらいましょう!

初々しい、高校時代の伊藤選手。純粋で、真っ直ぐな感じは今も変わらないですね!^^

Follow me!