SASAmemo 群馬銀行グリーンウイングスがレギュラーラウンド1位通過

新型コロナウイルスの影響により、試合中止が相次いでいるVリーグですが、先日(3日)、V2女子のレギュラーラウンドの中止試合のうち再試合が開催できなかった試合の成績の取扱いと、順位決定方法についてお知らせがあり、その結果、群馬銀行グリーンウイングスのレギュラーラウンド1位通過が確定しました。

中止試合の取り扱いと順位決定方法の変更はこちら↓

ものすごく簡単に要点を整理すると

・3/6までのレギュラーラウンド期間までの中止した再試合を行うのが困難
・なので再試合ができなかった中止試合は規定に基づいて勝敗を決定
・コロナなどでも中止、延期を申し入れたチームが不戦敗扱い(セットカウント0-3の負け)
・会場使用不可などの不可抗力の場合は勝敗をつけない
・その上で、試合数にばらつきが生じるので順位決定方法を「勝利数」ではなく「勝率」に変更

このようにしてレギュラーラウンドの順位を決定することになりました。

この結果、群馬銀行グリーンウイングスは、16勝1敗(勝率.941)となり、レギュラーラウンドを1位で通過し、2位ルートイン、3位アランマーレ、4位GSS東京とともに、リーグ優勝、ならびに、V1との入れ替え戦に向けたチャレンジマッチ進出チームを決める、V2女子・ファイナルステージに進出することになりました。

また、V2女子の個人賞も発表され、グリーンウイングスからは、田中瑠奈選手がサーブ賞を初受賞しました。(サーブ効果率17.2%)おめでとう!瑠奈ちゃん!!

なお、優勝監督賞、最高殊勲選手賞、敢闘賞、最優秀新人賞等その他の個人賞については後日決定されます。

そして、ファイナルステージは、3/12、13、27の3日間で、4チームにより1回戦総当たりで行われます。

このファイナルステージは、試合結果に対し付与されるポイントで順位が決まり、「3-0、3-1」の勝利で3ポイント、「フルセット勝ち(3-2)」で2ポイント、「フルセット負け(2-3)」で1ポイント、敗戦は0ポイントとなります。

また、レギュラーラウンドの通過順でアドバンテージポイントが与えられた状態からスタートするため、1位通過のグリーンウイングスは3ポイント、2位ルートイン 2ポイント、3位アランマーレ 1ポイント、4位GSS東京 0ポイント、という状態でスタートします。

細部ありますが、ファイナルステージの1位がV1女子12位(最下位)と、2位がV1女子11位と、V1女子をかけて対戦します。V・チャレンジマッチは4/9、10に三重県四日市市の四日市市総合体育館で開催される予定です。

まだまだ大事な戦いは続きますが、リーグ3連覇、悲願のV1昇格を目指してともに戦いましょう!!

Follow me!