SASAmemo 真価が問われる仙台戦へ-3日練習日フォトレポ

ホーム開幕2連戦を1勝1分けで終えたザスパ。大槻新体制のもと、頼もしさ、たくましさ、そして、結果を引き出すサッカーでまずまずのスタートを切ることができたのではないでしょうか?

ただ、次節はJ1から降格してきた仙台戦、そこから、東京V、千葉、新潟、長崎と、選手能力も、チーム能力もさらに高いチームとの連戦が続きます。私としては、この5連戦でどのくらい渡り合えるのか、そして、勝ち点をつかみ取れるのか、今シーズンを占う上での試金石と見ています。

簡単な試合は一つもないですが、総力戦で、ゴール、勝利をつかみ取りたいですね!

まずは仙台戦にということで、3日木曜に公開練習があり、出かけてきました。

金沢戦では、チャンスもありましたが、後半は押される展開が続き苦しみました。結果、無失点で勝ち点1をつかんだものの、やられていてもおかしくないシーンも多かったです。そうした部分もあってか、これまで以上に緊張感のある雰囲気で練習も行われていました。

チーム始動からここまで見て、今年のチームは、ピッチ内外のオンオフがとてもはっきりしている印象があります。練習中の集中力、モチベーションの高さ、そして、ギラギラした感じ。特定の選手だけではなく、すべての選手から感じます。これが大槻監督のチームなんだなと感じさせられています。

開幕2試合はスタメンに変更はなし。ただ、スタメンを勝ち取った選手も、そうじゃなかった選手も、次節に向け、チーム内競争が待ち構えます。もちろん、単に自分のやりたいことではなく、チームとしてやるべきこと、役割を遂行できるか、そして、戦えるか。そこの部分を大槻監督も注視しています。

去年はケガで苦しんだ城和隼颯選手。開幕2戦はスタメンを勝ち取り、安定したプレーを見せてくれました。次節は、強力な仙台相手に力が試されます。3試合連続無失点のために役割を果たしてもらいましょう!

得点だけでなく、ゲームを優位に進めるためにも、サイドの攻防でどれだけ主導権を握れるかは開幕2試合で感じられた部分。ボールを奪う部分、運んで、つなぐ部分、そして、ゴールを奪う部分まで、田中稔也選手にはさらに大きな期待がかかります。

前節は決定的なチャンスもありましたが、ゴールにつなぐことができず、悔しさをにじませた平松宗選手。彼が、前線でどれだけ戦えるか、体を張れるか。もっと、もっとやってくれる選手だとサポーターのみんなは期待しています。移籍初ゴールはもちろん、仙台戦初勝利へ導いてもらいましょう!(※ザスパは、仙台戦で過去6分12敗と勝利なし)

この日、軽快な動きを見せていたのが北川柊斗選手。周囲と連動しながら高い位置での追い込み、ボール奪取、持ち前のゴール前での抜け出し、得点への嗅覚など状態は良さそう。大槻監督からも「柊斗、GOOD!!」を何度もいただいていましたよ!

大槻監督は、試合でもそうですが、練習中も、いつも大きな声を出し続けているわけではありません。見つめて、見守り、分析し、必要な時に、ポイント、ポイントで、わかりやすく、大きな声と、アクションで、選手、チームにメッセージを送ります。仙台戦、ザスパ初勝利に向け、どんな11人がチョイスされるのか、そして、強力な仙台相手にどんな戦いを見せるのか大事な一戦です。

アウェイゲームになりますが、様々な場所で、今節もともに戦いましょう!

Follow me!