SASAmemo 2週間ぶりの公式戦でストレート勝ちし、首位浮上!

群馬銀行グリーンウイングスは、20日日曜、東京・中央区スポーツセンターで、GSS東京サンビームズと対戦し、セットカウント3-0でストレート勝ちを収めました。チームは12勝目を挙げ、他チームと試合数は異なるものの、首位に再浮上することに成功しました。

Vリーグは、新型コロナウイルスの影響で、試合の中止が続いており、グリーンウイングスも、2月5日土曜以来、およそ2週間ぶりの公式戦となったため、試合勘が心配されましたが、ゲームの主導権を渡さず、勝利をものにしました。特に、カルラ・クラリッチが、ブロックで6得点を挙げ、サーブレシーブ成功率も72.2%と守りの部分で安定を見せ、チームの攻撃、勝利につなげることに成功しました。

これでV2女子の順位表上位は

1位 群馬銀行 13試合 12勝1敗 35pt 勝率0.92
2位 アランマーレ 14試合 11勝3敗 34pt 勝率0.79
3位 ルートイン 12試合 10勝2敗 27pt 勝率0.83
4位 浜松 13試合 6勝7敗 18pt 勝率0.46

などとなり、試合数は異なるものの、グリーンウイングスが首位返り咲きに成功しました。

レギュラーラウンドは、グリーンウイングスで残り5試合を残しますが、いまだリーグから代替試合の発表はなく、無事、全日程を消化して、レギュラーラウンドの上位4チームによるファイナルステージが開催できるか、心配な状況です。

リーグは、レギュラーラウンドの期間延長を決め、V2女子も、当初の予定より1週間長い、3月6日日曜まで期間を延ばしたものの、いまだ、代替試合のスケジュールも決まっておらず、先行きは不透明です。

なにより、選手、チームが、一番難しい時間を過ごしていると思いますが、チームとしての調整力、対応力、そして、団結力を持って、この難しい局面を勝ち抜いてもらいたいと思います。ぜひ、群馬銀行グリーンウイングスにエールを送ってください。

次戦は、2月26日土曜に、広島県福山市のエフピコアリーナふくやまで、大野石油と対戦を予定しています。
※(2/21更新)リーグより、会場が、猫田記念体育館に変更してリモートマッチ(無観客試合)として開催すると発表がありました。

まだまだ、先が見えずらく、難しい状況が続きますが、1試合1試合に向き合い、勝利を重ねていってもらいましょう!

Follow me!