SASAnote vol.50 企画インタビュー『NEXT THESPA-#2 城和隼颯選手』

大槻毅新監督を迎え、チームスローガンに『Beyond THESPA』を掲げたサッカーJ2 ザスパクサツ群馬。

選手、チームはもちろん、クラブも、ファン、サポーター、スポンサーなど、ザスパに関わる全ての人々が、これまでのザスパを超える戦いがスタートしました。

SASAnoteでは、これまでのザスパを超えるキーパーソンであり、これからのザスパを牽引する存在である「若手選手」(=NEXT THESPA)に注目し、彼らがどんな思いで今シーズンを戦い、今までの自分を超えようとしているのか、インタビューを通じてお届けします。

今回は、昨シーズン、法政大学から加入した、2年目の城和隼颯選手のインタビューです。なお、インタビューは開幕戦の前に伺っています。

「フリーBGM・音楽素材MusMus https://musmus.main.jp」

ルーキーイヤーの昨シーズンはレギュラーのチャンスをつかみかけたもののケガで戦線離脱。復帰後も、出場機会を掴めなかったことが悔しさ、そして、成長への糧となりました。先日の今季開幕戦となった山形戦では、開幕スタメンを勝ち取り、クレバーな対応でクリーンシートに大きく貢献するなど、今シーズンの飛躍を感じさせてくれました。

 

インタビューの中にもありましたが、妹の怜奈(れいな)さんも、プロサッカー選手として、女子サッカー・WEリーグのジェフ千葉でプレー。年代別の代表にも選ばれるなど、今後のなでしこジャパン入りも期待される選手です。

ジェフ千葉 城和怜奈選手 紹介ページ

城和選手のお話を聞き、仲良し兄妹は、プロサッカー選手としても、互いに刺激し合い、そして、誰よりも活躍を願っているんだなと感じました。妹に誇れる兄になるためには、今シーズン、ザスパを背負い、勝利に導く活躍は絶対ですね!そして、そんな姿を怜奈選手だけでなく、ザスパサポーターのみんなが楽しみにしています。

城和選手は、ビルドアップに優れ、足元も上手く、ロングフィードで一気に局面を打開する力も持っています。また、空中戦にも強く、ゴール前で制空権を握る力を持った選手です。城和選手自身はもちろん、ザスパにとっても、これまでを超えるために、特徴を存分に出してもらいましょう!

 

Follow me!