SASAnote Vol.18 V2女子が2回戦総当たりへ変更ー上位2チームがV1との入れ替え戦は変わらず

Vリーグ機構は、2/4、群馬銀行グリーンウイングスが参加するV2女子の開催要項(=競技方法)を見直し、9チームによる3回戦総当たり方式から2回戦総当たり方式に変更すると発表した。これにより、1チーム当たりの総試合数は16試合となり、グリーンウイングスは、残り3試合となる。

Vリーグ機構は、競技方式の変更理由について、新型コロナウイルスの影響で4チームが大会参加を見合わせていることや、過去の中止試合などにより、緊急時対策規程で定める大会成立要件である1チーム当たり24試合中、12試合の実施が困難であることを理由に挙げている。そのため、2回戦総当たり方式に変更することで、1チーム当たりの試合数を16試合とし、大会成立要件を8試合にすることで、試合数の面で公平性を担保し、最終順位の決定を行うことができると説明している。

群馬銀行グリーンウイングスは、これまでに9試合を消化しており、残りは3試合となる。

競技方法の変更で、20/21シーズンのV2女子は、大会成立要件を満たし、上位2チームに入り、V1昇格のために必要なS1ライセンスがあれば、4/4、5に新潟県長岡市で行われるV1とV2の入れ替え戦、V・チャレンジマッチに出場することになる。

現在、リーグ4位のグリーンウイングスも、残り3試合で2位以内に入るチャンスは十分に残されている。他方、新型コロナウイルスにより、活動自粛が続いたため、コンディションやパフォーマンス、連携面など、影響も心配される。

V1昇格のチャンスが残されているならば、ぜひそのチャンスをつかんで欲しいし、選手たちの思いも強いだろう。ただ、今の情勢を考えるならば、応援する私たちも、まずは、選手たちが再び、バレーボールができ、試合でプレーを見せてくれるという喜びをかみしめたい。

残り3試合、応援の仕方は限られるが、チーム、選手とともに戦い、しっかりとシーズンを完走したい。

 

<群馬銀行グリーンウイングス 試合予定>

・2/14日曜 vs大野石油(ホームゲーム/ヤマト市民体育館前橋)

・2/27土曜 vsアランマーレ(長野県東御市)

・3/6土曜 vs浜松(静岡県袋井市)

Follow me!