SASAwork ささっちのお仕事(5月第4週)

早いもので、5月ももう終わっちゃいますね。今週は、サッカーとゴルフ、F1の実況機会をいただいていました。

25日水曜は、FM GUNMAでザスパ中継でした。熊本戦は2‐3で敗戦、、、日曜の大分戦も敗れ、ザスパは今季初の3連敗。元気がないのが心配です。ただ、解説に入っていただいた、元ザスパ監督で、上武大学サッカー部監督の植木繁晴さんも、「やり方は間違っていない」と大槻毅監督のチーム作りに共感してくれています。リーグ折り返しの重要局面で、勝ち点を拾いながら、いかに踏ん張れるか?ここからのザスパに期待しています。次回中継は、12日日曜の栃木戦です。

金曜、土曜の早朝は、ゴルフネットワークでPGAツアーのチャールズシュワブチャレンジ予選ラウンドを担当しました。解説には、群馬出身のプロゴルファーで、JGTO理事の田島創志プロでした。優勝は、今季3勝目のサム・バーンズ。世界ランク1位のスコッティ・シェフラーを抑えての価値ある優勝でした。私の実況中は、予選ラウンドだったのであんまり映ってこなかったですが、、、笑

そして、今週は、DAZN F1でモナコGPを担当しました。

世界3大レースにして、モータースポーツの華でもあるモナコGPを昨年に続けて担当させていただけたことは大変光栄なことです。

レースは直前に大雨となり、先の読めない、難しい展開に。レース中断もたびたび起き、周回数ではなく、3時間規定によるレースへと変更されるなど、大波乱のレースになりました。

そんな中、レッドブルのセルジオ・ぺレスが優勝。メキシコ人ドライバーとして初めてモナコGPを制しました。

表彰式で、国家を聴き、こみ上げてくるものを抑えきれないぺレスの姿が感動的でした。おめでとう、チェコ!

一方、地元モナコ人ドライバーで、モナコ初優勝を目指したフェラーリのチャールズ・ルクレールは、予選まではライバルを圧倒し、PPからスタートも、タイヤ交換のタイミングで後手を踏み、優勝どころか、表彰台も逃し4位、、、

今回こそは、優勝をと期待したのですが、雨のモナコの歴史でもある通り、優位な立場でスタートすればするほど、レースが難しくなるなというのを再認識させれらました。来年こそは、モナコでの優勝を掴んでほしいです。

そんなこんなで、今回もありがとうございました!

Follow me!