SASAnote vol.55 企画インタビュー『NEXT THESPA-#44 山田晃士 選手』

大槻毅新監督を迎え、チームスローガンに『Beyond THESPA』を掲げたサッカーJ2 ザスパクサツ群馬。選手、チームはもちろん、クラブも、ファン、サポーター、スポンサーなど、ザスパに関わる全ての人々が、これまでのザスパを超える戦いがスタートしました。

SASAnoteでは、これまでのザスパを超えるキーパーソンであり、これからのザスパを牽引する存在である「若手選手」(=NEXT THESPA)に注目し、彼らがどんな思いで今シーズンを戦い、今までの自分を超えようとしているのか、インタビューを通じてお届けします。

今回は、早稲田大学卒、2年目の山田晃士選手にお話を伺いました。

「フリーBGM・音楽素材MusMus https://musmus.main.jp」

ザスパ加入以前から、実直な好青年、魂の人というイメージが強かった山田選手。ザスパに来てからも、まっすぐにその道を歩み続けています。

昨シーズンは、試合前の魂の鼓舞でも、一躍、有名人になった山田選手。仲間の思い、大きな力を届けられる特別な選手です。本当にナイスガイですね。

一方で、試合出場できなかっただけではなく、自分の取り組む姿勢に足りなさを感じたルーキーイヤー。そんな自分に向き合い、乗り越えるべく、2年目のシーズンを戦っています。

今シーズン、ザスパの指揮を執る大槻毅監督は、浦和ユース時代に指導を受けた恩師でもあります。大学を経て、ザスパで再び時を共にする中で、成長した姿を見せつつ、またサッカー人としての学びを深められる特別な時間が始まったようにも感じます。選手としての活躍、そして、Jリーグデビューは、もちろん期待されるところではありますが、人としての魅力的な山田選手には、様々な部分で、ザスパに貢献してもらいたい存在ですね!

Follow me!