SASAmemo 5連戦の締めくくりを勝利で飾るためにーザスパ練習公開日フォトレポ

好ゲームを見せながらも0-1で敗れた甲府戦の翌日。ザスパは5連戦のラストゲームとなるホームで迎える徳島戦に向け動き始めました。

冒頭、大槻毅監督は選手たちを前に、「4試合で勝ち点1はやはり物足りない。勝ち点3にこだわってやろう!」と選手たちを励ますようなトーンでひと言メッセージを送り、練習をスタート。

確かに、この連戦、ここまでは1分3敗と厳しい結果に。ただ、すべてが悪いサッカーかというとそういうわけでもなく、いい時間、いいプレー、チャンスシーンも多く作りながら、どのチームとも十分に渡り合うサッカーができていると感じます。故に、余計に結果につながらないのは歯がゆいところですね。

甲府戦を振り返り、加藤潤也選手は、「狙っていた形は何回かあった。決まっていれば違った結果もあったと思う。チームが準備してくれた相手のウィークポイントもある程度つけていたと思う。シーズンを追うごとに良くなっていると思う。チームが勝てるように、みんなで話し合いながら、より高めていけるようにやっていきたい。」と振り返りました。

また、内田達也選手は、「甲府はいいチーム。そういうところにいい試合ができているのは成長している証だと思う。ただ、局面、局面では改善しなければいけないところもあったと思う。」と振り返るなど、選手たちも一定の手ごたえを感じつつ、勝利につなげるためにさらに追及していく必要性を口にしました。

平松宗選手も、「勝ち点3が取れない、この連戦で悪い流れを止めるために、自分としてももっと声を出して、チームを鼓舞する役割を果たしたい。いいところもあるし、悪いところ、反省すべき点も出てきている。連戦で修正する時間はないが、お互いに声を掛け合っていくとこが大事。」と、限られた時間の中で、一体感をもって乗り越える大切さを教えてくれました。

前半戦の山場とも位置付けられる大型連休の5連戦。最後はホームで迎える徳島戦です。

平松選手は、「5連戦の最後を勝って、しっかり3とって終わることが大事だが、勝つことは簡単でない。相手は徳島で力もある。勝つために、みんなの力を合わせることが大事。」と話し、内田選手は、「チームとして積み上げられているものはたくさんあるし、パワーを発揮できるところもある。勝つために、それを90分やりたい。まだまだ、ひとりひとりやれることはある。そして、チームとしての伸びるものはまだまだあると思う。」と90分間戦いきることの重要性を述べてくれました。

そして、加藤選手も、「徳島は、(ルヴァンカップもあり)9連戦で、自分たちより体力的にもきついはず。僕たちは、中3日でコンディションも、ある程度問題ないと思う。前から行く姿勢を表現して、何としても勝ち点3を取りたい。」と勝利、勝ち点3への強い思いを述べてくれています。

ここまで4試合は、思うような結果につながりませんでしたが、選手たちも、必勝に向け、より思いを強くして挑んでくれるのではないでしょうか?連戦の締めくくり、そして、リーグ中盤戦に向けて、いい流れをつかむために、我々も、選手、チームとともに徳島戦で90分間、しっかりと戦い抜きましょう!

Follow me!